ダブルカラー

ダブルカラーのインナーカラーが最高に可愛い【厳選スタイル17選】

女性A
女性A
インナーカラーって便利ですね

 

大作
大作
そうですよ。明るくしたいけどバイトの規則が厳しくて、思い通りのヘアカラーができない場合など、とても有効ですよ
女性A
女性A
昔よりも今の方がしている人も多いですね

 

ダブルカラーのインナーカラーとは?

インナーカラーとは、髪の内側やポイントでヘアカラーをする事です。

インナーカラーをする時は、ブリーチで色を抜く(ダブルカラー)場合がほとんどです。

インナーカラーは、髪の毛をくくったり耳にかけたりする事で見えます。

髪の毛をおろしている状態では隠れていたりするので、バイトや学校などでヘアカラーを楽しめない方もバレずに楽しめるヘアカラーになります。

ダブルカラーで色味を入れる時は、原色系の色味を入れる事も多いです。

ブリーチをするとダメージします。これはもう当然のことですので、仕方ありません。

でも『覚悟はしてたけどこんなダメージするなんて‥』と思っている人は、シャンプーやトリートメントと流さないトリートメントを良いものに変えましょう。

\本物のnドットが買えるプロ専売品サイト!/



※クリックすると美容専売品ショップ ビューティーパークに飛びます

特にプロ用の製品と市販のものでは大きく差があります。

プロ用を使うメリット

・仕上がりが全然違う

・香りが高級感がある【商品によりますが、濃厚な香りの物が多い】

・ケラチンやコラーゲンといった、擬似的なタンパク質が含まれている物もある

プロ用を使うデメリット

・値段が高い

・買える場所が限られている

デメリットがいくつかありますが、ブリーチしている間だけでも、プロ用製品を使う価値はあります。

\市販品よりもプロ専売品を‥/
美容専売品ショップ ビューティーパーク

 

インナーカラーはどのような所に入れるのが一般的?

決まりはありません。

しかしインナーカラーを隠したい場合は、髪の毛が上からかぶる長さがある所に入れましょう。

スタイルによってはレイヤーが入っていると隠れない場合があるので美容師と相談しましょう。

 

女性が最もポイントカラー(インナーカラー)を入れる部分

・襟足

・もみあげ

・毛先だけ

女性はこの部分が1番ポイントカラーを入れるお客様が多いです。

 

男性が最もポイントカラー(インナーカラー)を入れる部分

・全体

・表面

・襟足

・ツーブロック部分

男性の場合はメッシュのようにまんべんなくポイントカラーを入れる場合やツーブロック部分だけ染めたりします。

 

インナーカラーはどのような色味を入れる事が多い?

ベースの色と同じ系統の原色の色が多いです。

全く別な色味を入れる場合もありますが、同系色でダブルカラーをすると、統一感がでて綺麗になります。

ベースをピンクアッシュで染めていると、ポイントカラーの部分はピンクやアッシュの原色に近い色で染めます。

 

ピンクだけで考えると少し狭く考えがちですが…

ピンクグレーやピンクアッシュなどで考えるとポイントカラーはグレーやアッシュを入れる事ができます。

基本的には 反対色になりますが…

ベースのピンクにグレーやアッシュを混ぜているとポイントカラーもよく馴染みます。

 

逆に反対色で組み合わせても大丈夫です。

基本的には自由な組み合わせをしていいので、組み合わせを探してポイントカラーをするとまた楽しくなります。

カラートリートメント(カラーバター)の色落ちが早いってほんと?【検証】 この記事はこんな人にオススメ! ・カラートリートメントをし...

インナーカラー厳選スタイル集(ポイントカラー含む20選)

 

この投稿をInstagramで見る

 

seiさん(@si__0620)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

LIM+LIMさん(@limpluslim)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

さん(@____hair.mmm____)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

米澤沙希さん(@yone_saki)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

slow-hair Worksさん(@slowhairworks)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hair the FINE (ファイン)さん(@fine2000115)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

廣田 崇明/FLOWERS/ミルクティーカラー/グレージュさん(@hirota_takaaki)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

hair salon himawariさん(@hair_salon_himawari)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

kumiko ogawaさん(@xolustwo)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

埼玉 大宮 スタイリスト MEGUMIさん(@_mmm_aioi)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

⭐︎インナーカラーをやるならWOM☆前日予約も可さん(@bobby_omoto_style)がシェアした投稿

パープル系のインナーカラーになります。

耳にかけて、少し見せるのもかわいいです。

 

表面に濃いオレンジを入れる事で、立体感がでて、深みのあるオレンジになります。

 

細い束で入れていくのも、可愛く珍しいデザインになります。

人と差をつけたい人はオススメです。

 

透明感のあるレッドが目を引きます。

インナーカラーなら派手髪も、挑戦しやすいです。

 

淡い色味で統一された、柔らかいデザインになります。

 

毛先から見える紫が、ミステリアスです。

パープル系は退色も綺麗です。

 

ダブルカラー【インナーカラー】をセルフでするときの注意点

ポイントカラーをセルフでする機会もあると思います。

なぜならブリーチの上からヘアカラーをしている場合が多いと思うのですが、やはり色落ちが早いです。

 

セルフのポイントカラー

1番簡単な方法をご紹介します。

それはカラートリートメントで髪の毛全体を塗る方法です。

女性A
女性A
えっ?ポイントだけ染めないんですか?
大作
大作
実は塗り分けるのは大変なので全体を塗ります

全体を塗るメリット

・塗り分ける必要がないので染め残しが減る
・全体の統一感がでる
・頻繁に染める事ができる
・簡単

このようなメリットがあります。

 

デメリットは1つだけです。

薬剤の量が必要

これだけです。

統一感がでるので全体を塗ることを強くオススメします。

まとめ

いかがでしたか?ポイントカラーはオシャレ感がぐっと増します。ただ色落ちが早いのでセルフカラーで補うと色味が長持ちします。

ぜひチャレンジしてみましょう。

大作
大作
おわり
ABOUT ME
Concept
Concept
カラー特化型サロン Conceptの大作です。 日々のサロンワークの事やエッジが効いたブログの発信をしていきます。座右の銘は「七転八起」です。よろしくお願いします。 なかなか結果がでないアシスタント期間、5年間を過ごし スタイリストデビュー後すぐ業務委託に そこでもお客様に叱らられ「美容師辞めたら?」とまで言われました。悔しかったので猛勉強し業務委託報酬50万近くまでいき今のサロンへ グループ内の5店舗全てのマネージャーを務め カラー特化型サロン 経営中 NPO法人 の理事長も務めながら 美容師を志す子供の為の活動もしています。