サロンカラー

濡れた髪をアイロンするとヘアカラーの退色が早い?衝撃!【検証あり】

濡れてる髪にアイロン

あなたはしてませんか?毛先が少し濡れているのにアイロンをいれてしまってる…

濡れた毛にアイロンをいれると「百害あって一利なし」です。

濡れている状態の髪の毛はキューティクルが開いてる状態です。

キューティクルが開いてる状態と言われてもなかなか分からないかもしれませんが…

簡単に言うと 髪の毛が 「世界で1番  無防備な状態です。

「乾かしてから寝ましょうね」というのは髪の毛を無防備な状態にさらしたままで寝返りなど、擦れてダメージの原因を作らないようにしましょう   という事なんです。

大作
大作
話が逸れました…

キューティクルが開いた状態でアイロンをいれたらヘアカラーの色落ちは早いのか検証していきたいと思います。

海やプールでヘアカラーってどれぐらい落ちるの?【検証あり】夏になると毎年疑問に思います。 外的要因別に ダメージを検証してみました。 参考になれば幸いです...

検証

まず同じ条件の毛束を作ります。

ブリーチ3回  アディクシーのシルバーの9レベルを4.5%で作ります。

普通にアイロンしていく毛束毎回アイロンする度に濡らしていく毛束 です。

 

3回

大作
大作
びっくり‥

たった三回のアイロンでかなり色落ちしました。

ちなみにアイロンの温度は180°です。

10回

大作
大作
もうほぼ色味ないです‥

10回アイロンしただけでブリーチ後の髪になりました。

20回

大作
大作
破壊力すごい‥

何もいうことありません‥

結果

大作
大作
衝撃の結果が‥

画像をみてもらったら一目瞭然ですね。

やはり水分を含んでる髪の毛をアイロンすると色味が抜けやすいが分かりました。

しかも激しく抜けます

3回のアイロンでムラがはっきり分かるようになり10回でほぼ色味はないです。

カラーシャンプー必須ですね。


ダメージ具合

今回1つ気になった事があったのですが…

大作
大作
水分ありでアイロンをするとダメージもすごく出るのだろうなー

と仮定していました。

が…

ダメージ具合は普通にアイロンをいれる場合と水分ありのアイロンでは、ほぼ変わらなかったです。

手触りも変わらずダメージに気付きにくいです。

このような事から濡れたままアイロンを入れてる人もいるのではないでしょうか?

しかし…

内部のダメージは確実にしています。

なぜなら

あれだけ色落ちしてしまうから…

強制的にカラーを落としているのでダメージしてないわけがありません。

 

この結果を見てわかるように乾かしきってない状態でのアイロンは絶対辞めましょう。

しっかりドライヤーで乾かしてからアイロンをいれましょう。

ちなみに少しでも水分が残っていたらだめですよ。ロングで乾かしきるのを諦めたくなる気持ちは分かりますがしっかり毛先まで乾かしましょう。

 


大作
大作
おわり
ABOUT ME
大作
大作
なかなか結果がでないアシスタント期間を5年間を過ごし、スタイリストデビュー後すぐ業務委託サロンへ勤務しました。 そこでお客様に叱られ「美容師辞めたら?」と言われました。不甲斐ない自分が悔しかったので猛勉強し、グループ内の5店舗のマネージャーを務め、現在はカラー特化型サロン2店舗経営中です。