パーソナルカラー

ボブに似合うヘアカラーは?【厳選30スタイル】

女性A
女性A
ボブって可愛くて女性らしいですよね
大作
大作
丸みがでるスタイルなので可愛らしいですよ

そんなボブスタイルで似合うヘアカラーをみていきます。

ボブでも長さが変わるとまた違った雰囲気になります。レイヤーの高さも重要になってきます。

そんなボブで可愛いヘアカラーを厳選しました。

まずはボブがどのようなスタイルなのかをみていきます。

ボブスタイルって?

ボブとは肩ぐらいの長さから耳ぐらいの長さの範囲で作られるスタイルになります。

かつてはおかっぱなどと呼ばれていました。

マッシュルームカットと言ったりもします。

一般的なボブと言われるスタイルになります。

こちらもショートボブという形になります。

ボブと言えどもその範囲は広く、定義とするなら丸みを帯びたスタイルになります。

ボブスタイルのいいところ

ではボブのいい所ですが…

・まとまりやすい

・女性的なスタイル

・柔らかい

・スタイリングしなくても収まる

・長めのボブだとアレンジ可能

・幅広いデザインがある

・伸ばしやすい

・髪の毛をくくらなくてもよい

などがあります。

その中で1番いい所ですが、ずばりまとまりやすいという事があげられます。

まとまりやすいと毛先がはねにくく朝のスタイリングがかなり楽になります。

中・高生にも人気な理由はまとまりやすいからですね。

長さや量の具合でまとまりにくくもなりますのでご注意ください。

少し深掘りすると…

長さは肩につくとはねやすくなります。

肩上のボブだとはねにくくなります。

量ですが、どんなスタイルでも軽くすればするほどおさまりが悪くなります。

寝癖がつきやすい場合は軽さが原因になっている場合がほとんどです。

ボブの可愛さのポイント

ボブの可愛いい所は「丸さ」になります。

丸いと柔らかさがでます。

しかしカッコいいボブもあります。

前下がりボブなど、丸さも残しつつ尖った部分をだしたり長短のメリハリをつけるとかっこよさがでてきます。

こちらで丸をつけた所が丸さを削り尖らせた部分になります。

ボブは可愛いだけではなくかっこいいスタイルにもなりますね。

ボブのヘアカラーとの相性

ボブはヘアカラーとの相性もかなりいいです。2つ理由があります。

1つ目の理由は「ムラができにくい」事があげられます。

ロングの場合はどうしても毛先と中間と根元のヘアカラーの差がでてきます。

ロングヘアーは一色にするのが難しいです。

しかし

ボブの場合は一色にしやすい長さになります。退色をしてもヘアカラーの差が出にくくなります。

もう1つは「インナーカラーやポイントカラーの自由度が高い」事があげられます。

どういう事かというと、ロングやショートスタイルの場合にはインナーカラーができなかったり、インナーカラーをしてもパターンが同じになってしまいます。

しかしボブの場合には、インナーカラーを隠したり見せたりする事ができるのに加え、後れ毛に入れて強調したりする事が可能です。

ヘアカラーを幅広くデザインできるのがボブスタイルになります。

続いて参考例をみていきます。

アッシュ系ボブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

津村正和 ✄ OSAKA🎃さん(@masakazutsumura)がシェアした投稿

少しカール感のあるボブになります。

アッシュ系のボブは透明感が出て柔らかくなります。

波巻きとの相性も抜群です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

いしだ ちひろさん(@ichi__da)がシェアした投稿


どちらかというとショートボブよりの長さになります。

こちらはオイル系のスタイリング剤でセットしているので柔らかさ抜群です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TENDO/ショート/ボブ/ハイライト/似合わせさん(@iki_tendo)がシェアした投稿


少しベージュよりのアッシュですね。髪色も明るめです。

明るめでしっかり色味を入れれば大人っぽい雰囲気になりますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ショート/ボブ/外国人風カラー/望月智さん(@angelica_mochizuki73)がシェアした投稿


顎ラインで可愛いスタイルになります。

レイヤーが前下がりで入っていて、スタイリングを変えればまた違った雰囲気になるスタイルです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

剪髮神の手KAKAさん(@godhand_kaka)がシェアした投稿


暗めのアッシュ系のボブになります。 少し透け感があり、暗めですがかなり柔らかいスタイルになっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruka Satoさん(@kacchi.66)がシェアした投稿


ウェットなアッシュ系のスタイルになります。

ボブはウェットなスタイルがよく似合います。前髪も透け感を出していてとても素敵です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

水谷 伊織 Queen’s Berry/クインズベリーさん(@berry_iori)がシェアした投稿


あご下のボブになります。少しブラウンよりのアッシュになります。

レイヤーも入っているので、重く見えないスタイルになります。

 グレージュ系ボブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

まつお かな/くせ毛風パーマ/パーマ/パーマヘアさん(@nalupuloa_kana)がシェアした投稿


グレージュ系のショートボブになります。

パーマも当たっていて個性的なデザインになっています。より外国人に近いスタイルになっていてとてもかっこいいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

むっちょす[井上睦]/透明感/表参道美容室/ヘアカラーさん(@mucchosu)がシェアした投稿


肩につくぐらいの長めのボブになります。

外はねと色味がマッチしていて触れたくなるほどの柔らかさが出ています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ショート・ボブ・前髪必ず素敵にします!さん(@shinyashiki_0926)がシェアした投稿


綺麗な透け感が出たグレージュになります。色味がかなり綺麗に入っています。

ショートボブのスタイルになります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

中 至紋 /ショートボブ/パーソナルカラーさん(@shimon_sand)がシェアした投稿

前下がりのボブを耳にかけたスタイルになります。

ヘアカラーも綺麗で、耳にかけると色っぽさがぐっと増しますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

石川 結里加さん(@yurika_kaiko)がシェアした投稿

外はねの長めのボブになります。

外はねとグレージュ系のヘアカラーがマッチしていて可愛いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ショートヘア/ショートボブ//浦寛大さん(@urakanta)がシェアした投稿

ブリーチありのグレージュになります。

ダブルカラーでグレージュを入れるとはっきりとした色が出てとても綺麗な色味が出ます。

ベージュ系ボブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Tokmatsuさん(@tokmatsu)がシェアした投稿


明るめのベージュスタイルになります。

明るめのヘアカラーはダメージしやすいので、ケアが必須になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

☆ボブ/ショートヘア/清家孔太郎/上野御徒町★さん(@ktaro_style)がシェアした投稿


こちらはレイヤーが入ったボブになります。

くびれががありメリハリを出していますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

田邊可奈♢Ver.ショートの女神♢naturalボブさん(@tanabe__kana)がシェアした投稿

少しグレーがかったベージュになります。

かなり透明感もあり綺麗です。ショートボブに近い形になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ICH・GO下赤塚さん(@shimoaka395ichgo)がシェアした投稿


丸みを少し下においたボブです。

やはり明るめのデザインなので、ウェットなスタイリングがちょうどいいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

RHB_Yanagawaさん(@rhb_yanagawa)がシェアした投稿


長めのボブになります。ロングのボブでロブになります。

色味が綺麗でベージュの中でも理想的な色味になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

RODGE 畑中里志 #ショートヘア #ブリーチなしさん(@rodge_hatanaka)がシェアした投稿

ほんのりグレージュが入ったようなデザインになります。

グレージュとベージュは近いデザインになりますので、迷ったらこのようなデザインもいいですね。

ピンク系ボブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

nishimura_ayakaさん(@ayaka1222_n)がシェアした投稿 –


ピンクが綺麗なアップスタイルです。

明るめのピンクベージュになります。

長めのボブであれば実はアップスタイルも可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

PLATINUMさん(@platinum1312)がシェアした投稿 –


顎ラインのピンクが強めのボブです。

レイヤーは低めかもしくは入ってないスタイルになります。

ピンクが強く入っていますので、透明感も抜群です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TACTさん(@tiku_tact)がシェアした投稿

ピンク系の長めのボブです。

波ウェーブで柔らかさを出しています。艶が出るのもピンク系のヘアカラーの特徴の1つです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

reikaさん(@dholic_staff_reika)がシェアした投稿


ピンク系の艶カラーです。

長めのボブは外はねだけでも十分可愛くなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sayaさん(@muuua_sayaka)がシェアした投稿


少しブラウンがあるピンク系のヘアカラーです。

ピンク系のいいところはベースが暗くても綺麗に色が入る所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉岡 久美子/KUMIKO YOSHIOKAさん(@kumiko_ravo)がシェアした投稿


レイヤーなしのピンク系のヘアカラーです。

赤よりもきつくなく、ピンクは柔らかくなるのでオススメです。

特殊カラー系ボブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

shizukuさん(@shizu_gram__)がシェアした投稿


透明感が素晴らしくブリーチ必須のブルーです。

レイヤーなしのボブです。黒髮だと重くなりガチなスタイルもブリーチをすれば軽く見えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroaki Nishiguchiさん(@hiroakinishiguchi)がシェアした投稿


インナーカラーのグレージュがかなり綺麗に出ているスタイルです。

耳にかけてしっかりインナーカラーが見えるところもボブスタイルのいいところになります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

risako(sato)さん(@risako_0727)がシェアした投稿 –


インナーカラーとベースの色の差が個性的で素敵です。

顔まわりにハイライトを入れてもバランスが悪くならないのもボブスタイルの魅力です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌿 kumino 🌿さん(@kumino_k)がシェアした投稿 –


続いてこちらはベースがグレージュでインナーカラーがムラサキのスタイルです。

やはりもみあげ部分にインナーからは可愛さ倍増です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sunouchi kanaさん(@snucccc)がシェアした投稿


かなりビビットなターコイズです。

全頭してしまうと個性的になりすぎますが、グラデーションで染めることで、ビビットなヘアカラーにも挑戦しやすくなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

cava.stylistさん(@cava.ma)がシェアした投稿 –

薄いピンクベージュのヘアカラーになります。

ブリーチは必須になります、

 

この投稿をInstagramで見る

 

RISEL森田朱音👀さん(@morita_akane05)がシェアした投稿


最近は紫のヘアカラーも増えています。

秋は黄色系の色味もひと段落し。赤系の色味もちらほら出てきます。

 

まとめ

いかがでしたか?

一言でボブといっても幅広くデザインがあります。

ヘアカラーは1番映えるスタイルになっていますのでボブで色々なヘアカラーを楽しんでください。

大作
大作
おわり
ABOUT ME
Concept
Concept
カラー特化型サロン Conceptの大作です。 日々のサロンワークの事やエッジが効いたブログの発信をしていきます。座右の銘は「七転八起」です。よろしくお願いします。 なかなか結果がでないアシスタント期間、5年間を過ごし スタイリストデビュー後すぐ業務委託に そこでもお客様に叱らられ「美容師辞めたら?」とまで言われました。悔しかったので猛勉強し業務委託報酬50万近くまでいき今のサロンへ グループ内の5店舗全てのマネージャーを務め カラー特化型サロン 経営中 NPO法人 の理事長も務めながら 美容師を志す子供の為の活動もしています。